​同窓会開催中止のお知らせ

 昭和51年3月(1975年度)に大宮市立植竹中学校を卒業した皆さんは2020年~21年に「還暦(60歳)」を迎えます。自分がまさか60歳になるなんて、中学生当時は想像もできませんでした。しかし、確実に歳を重ねてきました。

 そして、東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定であった今年19年ぶりに同窓会を開催するべく、実行委員会を組織して本格的に準備に入ろうしてた矢先に新型コロナウイルスが全世界に蔓延しました。多くの国民が著名人の死亡や感染者数の増加の報道に不安を募らせ、非常事態宣言が出され外出自粛を強いられる事態になりました。

 現在は、非常事態宣言も解除され徐々に生活を取り戻す過程にありますが、いつまた感染が広がるかも分からず、秋から冬にかけて確実に第二波がやってくるという専門家もいるようです。

 私たち実行委員からも、「参加者の安全と安心が確保できない状況では同窓会は、中止した方が良い」「ワクチンや治療薬などが整うまでは、延期すべき」という意見が大勢を占めました。そして、大変残念ではありますが、今年10月24日(土)に開催する予定でした同窓会を中止することと致しました。

 同窓会を開催しようと思ったきっかけは還暦祝いでしたが、楽しみが少し先に延ばしたと思えば悪いことでもないと、気持ちを切り替えたいと思います。

 幸い本番の同窓会に向けて2018年の秋から3回プチ同窓会を開催していたため一部の同窓生には何十年かぶりに再開することができました。参加できなかった方は、その様子は会員専用のページで動画が見られるので是非登録して同窓生のたのしい笑顔を覗いてみてください。

 世の中が新型コロナウイルスに対処できるようになった段階で、盛大に同窓会を行うと約束したいと思います。それまで健康第一でお過ごしください。

 みんなにお会いできる日を、私だけでなく実行委員全員が楽しみにしています。

​同窓会実行委員長 小松俊一